卒業生の活動

現代女性キャリア研究所主催 シンポジウム「男性育休のいま―育休制度30年を迎えて―」

日本女子大学 現代女性キャリア研究所は、12月3日(土)にシンポジウム「男性育休のいま-育休制度30年を迎えて-」を対面とオンラインで開催いたします。本シンポジウムでは、育児休業制度の施行から30年を迎え、さらに男性の育児休業制度が改正されたいま、男性育休に関わる日本及びスウェーデンの実情と日本企業における先進的な取り組み事例を通して、男女がともに育児に参加することの意義や課題、日本社会に何が求められるのかを探っていきます。

テーマ 男性育休のいま―育休制度30年を迎えて―
日時 12月3日(土)10:00~12:40(開場:9:30~)
開催方法 対面(日本女子大学目白キャンパス 成瀬記念講堂)、オンライン
参加費 無料
要申込 Forms(https://forms.office.com/r/JJVBdLeuFm)でのお申込み

≪シンポジウムプログラム≫
第一部 講演      
「男性の育休:求められる背景と課題」 武石恵美子(法政大学教授)
「男性育休先進国スウェーデンの実践的な取り組み」 高橋美恵子(大阪大学教授)
第二部 事例報告・パネルディスカッション
・「より誰もが働きやすい環境をつくる 「なりキリン」ママ・パパ研修等のご紹介」
   豊福美咲(キリンホールディングス株式会社 人事総務部)
・「清水建設における男性育休取得推進への挑戦」
   西岡真帆(清水建設株式会社 人事部ダイバーシティ推進室長)
・パネルディスカッション・質疑応答  
   コーディネーター 武石恵美子(法政大学教授)

関連ファイルのダウンロード

関連リンク・サイト

Page Topへ