桜楓会

開催報告 (一社)日本女子大学教育文化振興桜楓会主催 エシカルプロジェクトPLUS(食品等無料配布会) ~同窓会から皆様へのおすそ分け~

11月24日(水)~11月26日(金)の3日間の予定で開催しました。
学生には、学内掲示、HP、Twitterの他、JASMINE-Naviで「コロナ禍で学生生活を送られている皆様に応援の気持ちをPLUSして食品等の無料配布会を行います。エシカルプロジェクトのエシカル消費で「つくる責任、つかう責任」というSDGsの目標達成に貢献します。」と呼びかけました。告知期間が短かったため情報が行き渡るか不安でしたが、予想に反し、初日受付時間前から受取りに来た学生さんが並ぶほどで、1日目の終了後に「残り10名分になりました。希望者はお早めに」とTwitterで告知、翌日開始早々に予定配布数に達したため終了しました。最終日には「まだ間に合うか」との問合せもあり、残念ながら希望しても受け取れなかった方がいたこともわかりました。
当日は、簡単なアンケートに記入いただきました。回答から自宅通学の方もお小遣いが減った、アルバイト収入が減ったなどコロナ禍で影響を受けたことがわかりました。また、このような機会があったらまた利用したいかとの問いには全員が「はい」と回答がありました。
今回のプロジェクトは、今まで職員に配布していた賞味期限が近くなった災害用備蓄品を有効活用できないかを考えたところから始まりました。学生に喜ばれる支援、必要な物を考え桜楓会の災害用備蓄品だけでなく、他の品物と詰め合わせて配布することを目指して、物品を有効活用し、必要な人へ届ける循環型社会の実現を目指して横浜市立大学生が企業した(株)Stock Base、生理中の若者を支援することを目的としたイギリス発祥のチャリティー団体Red Box Japanに寄付を依頼、快く寄付いただきました。また、大学からも災害用備蓄品を譲り受けました。加えて桜楓会役員からの寄付で除菌ウェットシート、職員からの寄付で不織布マスクを購入し配布しました。
配布物の封入準備に協力いただいた学生さんに感謝いたします。
今後も学生支援の活動を継続していくため、会員の皆様からの支援をお願いいたします。

↓下記「ご支援はこちらから」よりお願いいたします。

関連リンク・サイト

Page Topへ