桜楓会

新しい理事会がスタートいたしました

一般社団法人日本女子大学教育文化振興桜楓会
理事長  蟻川芳子

一般社団法人日本女子大学教育文化振興桜楓会
理事長  蟻川芳子

 最近は役員の任期が2年となり、自ら立てた事業計画、予算案を実施するのは正味1年という目まぐるしさでありますが、6月18日の総会で役員が選任され、新しい理事会が発足いたしました。私は再び理事長を務めることになりましたので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 平成28年度も「未来に広げよう 桜楓のネットワーク」を目標に、桜楓会の更なる活性化に取り組んでまいります。広岡浅子の実業家としての手腕の一つは、ネットワークという人脈を使うことでした。日本女子大学は現在4学部15学科からなる総合大学です。学科の縦の会では専門を同じくする縦のネットワーク、桜楓会では専門を超えた横のネットワークをフルに活用し、ご自身のお仕事、地域活動、趣味などの幅を広げていただくことを期待しております。名簿の管理を慎重に行い、「働く女性のネットワーク」「趣味のネットワーク」「子育てネットワーク」など、会員の皆様のお声を反映させながら、ネットワークの拡大に取り組んでまいります。尚桜楓会の支部活動は、転勤などの赴任先でどれほど会員の支えになっているか、図りしれません。同窓のネットワーク程安心で、心温まるものはありません。
 桜楓会は生涯教育を目指した一回生が、創設の声を挙げました。成瀬仁蔵は「大学の精神を受け継ぎ、生涯教育に加え、大学事業の助成も視野に入れた団体」としての同窓会の設立を許可されました。このように桜楓会は大学支援として後輩の教育に役立っておりますが、講演会、人材銀行、結婚相談、ホームカミングデー、バザー等の会員サービスにも一層力を注いでまいります。
 皆様のご要望もお聞かせいただければ、ありがたく存じます。

Page Topへ