桜楓会

川越支部

 「徳は孤ならず、必ず隣あり」創立者成瀬仁蔵先生のお好きな言葉です。桜楓会には脈々とこの精神が受け継がれていると感じています。
川越支部の役員任期は1期3年です。今期の正副支部長を依田、小坂部、小野が1年交替で務めています。主な年間行事は新年会、総会、見学会がございます。各会の委員がそれぞれ行事内容を決め会を主催いたします。その他に広報委員会が年2回発行する新聞「香雪だより」がございます。行事内容や会員の投稿などを載せています。
 去る9月、42年前に川越支部を創られ、22年間支部長をしてくださいました柳井てる様の御健勝のお祝いに三役で伺ってまいりました。今年102歳を迎えられました。42年間高等学校の家庭科の先生を勤めながら3人のお子様を育てられました。退職後は地域のお仕事や桜楓会のお仕事をされました。WILPF(婦人国際平和自由連盟)の活動の一環として海外へ赴かれたことなどをユーモアを交えてお話くださいました。女子大三綱領であります「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」を実践されている方です。行事には毎年参加してくださいます。
 来年は1月末に新年会があります。6月は本部の総会後に支部の総会をもちましてその後講演会を開催いたします。役員委員会は年2回で20人強の会員が出席いたします。親しき仲にも礼儀ありの気持ちで親睦をしています。その他に有志での読書会があります。月1回で毎回10人くらいの集まりです。本そっちのけで女子大時代の想い出に花を咲かせております。

(2015年度支部長 昭和42年卒 新17史 依田 早苗)


お知らせ
一覧

Page Topへ